銘柄選び

デイトレの銘柄選び@株で稼ぐ秘訣

株式トレードに代表されるデイトレードでは、プロスペクト理論と呼ばれる相場心理が面白くらい当てはまり、勝てない人は間違いなくプロスペクト理論通りの行動をしています。
ただ、プロスペクト理論は普通に生きてきた人ならばまず間違いなく陥ってしまう、相場の負けパターンみたいなものを定義していて、
例えば、「含み損をちょっと抱えている状態が実は心理的に不安定要素が少なくて、逆に利益が少し乗った状態がソワソワしやすい。」といった話をしているのも先ほどの理論となります。

 

つまり相場で勝ち続けるためには今のあなたの考え方や価値観を180度切り替える必要があるポイントがいくつもあるというわけで、
たとえば、勝てるトレーダーと負けるトレーダーでは銘柄選びをどれだけ重視しているかが大きく異なってきます。
勝てるトレーダーの場合には、銘柄選びを非常に重要視していて、ある意味「勝てる銘柄でトレードする」からこそ勝っているだけです。
逆に言うと、負けるトレーダーというのは、勝てるかどうか判断しづらい銘柄や、さっぱり勝てる要素のない銘柄でトレードしていたりするケースが多く、
こういった違いを埋めていかない限り、相場にずるずると資金を吸い取られる結果を招いてしまい、ゆくゆくは相場から退場させられる羽目になります。

 

相場で買っていくためにはとにかく銘柄選びをしっかりできるようになることが、ある意味、スタートラインに立てるような状態を意味していて、
銘柄選びでスタートを切った後は、分析ツールを使ったタイミングを計っていけば、おのずと勝てるトレードができるようになっていきます。